Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
はじめまして。セラピストの大野八重子です。

ハーモニーベルとトレガー・アプローチとさとう式リンパケアをご提供できる四国で唯一のサロンです。

どちらも、心地よく穏やかなセッションでありながら、時にパワフルな変化をもたらします。
カラダへのアプローチを重ねるうちに、きっとココロもどんどん軽やかに変化していくことでしょう。

セッションについての詳しい情報は、http://www.anemoz.com/をご覧下さい。

≪お問合せ・ご予約≫
090-4337-4574(大野)  info@anemoz.com
http://www.anemoz.com

Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ことば
2月も下旬になって、やっと春らしい息吹きを感じる一日でした。

今日の午後は、先述の友人のお母様のトレガー・アプローチのセッションでした。

歩行の自由さを再び体感したい・・と切望される、御年84才のチャーミングなお母様。

セッションも5回目になると、いろんなことにずいぶん慣れて頂いて、
セッション中も、ゆったりとベットの上でくつろいでいらっしゃいました。

途中でふっとこんなこをおっしゃいました。

「ああ〜気持ちがいいねえ。
私ねえ、これで歩けるようになるような気がするんよ。」

そして、

「上手に歩けるようになって、
八重さん(私)に、 “こんなに歩けるようになったんよ”って、みてもらいたいんよ。
そうやって、言いたいんよ。」

そう続けられました。

その言葉を、セッション中もセッション後も繰り返し繰り返しお話くださる。

セッション後にベットから降りて・・・
今日は、さらに歩幅がでた!!

すごい!すごい!!と、喜ぶ私と友人に対して、
ご本人は、「もっとさっさとね、背中を伸ばして歩きたいんよ。」
と、納得しない。

ならば・・と、ムービーにとって、
「ほら、歩けとるやろ?前と違うやろ?」とお母様に見せる友人。

でも納得しない。
ご本人には、「こう歩きたい」というヴィジョンがおありになるようです。
そして、それは“できるはず”という確信が芽生え始めているようにさえ感じます。

「前は“ちょこちょこ歩き(体重移動のない移動)”をしよったんは、しっとんよ。」

そういいながら、どうやってそれをやっていたかは、もう覚えていないようです。
思い出す必要なんかないんです。
できるようになったら、できなかったときのことなんて、忘れてしまう。
・・それでいい。

そして、再びこうお話しになる。

「上手にあるいてね、それを八重さんに見てもらいたいんよ。」

そうおっしゃって、少女のようにふんわりと微笑んだ笑顔の美しいこと。

もう、発するお言葉が、未来しか・・できる未来しか見ていないんです。
ご自身の中で、感じていらっしゃるのでしょう。
その手ごたえを。

それは、いつまでも私からのセッションを受け続けるのでなく、
いつか・・近い将来・・それは必要なくなるよ・・という自立宣言にさえ感じられました。

現実的に、そう簡単にいくかどうかはわからないけれど、
ご自身がそう感じていることが何よりのメッセージだと感じずにはいられません。

この1年通った石井裕之氏の勉強会で、石井さんは、繰り返しおっしゃいました。

「すべては象徴です。どんなことも象徴的に現れます。」と。

そして、ココロを象徴化する方法もいろいろ教えて頂きました。

それを踏まえて今日のことを感じてみたとき、
言葉は、心の象徴(ときどき言葉はウラになるときもあると思うけど)。
身体は、心の象徴。

カラダが変わればココロが変わるし、
ココロが変わればカラダも変わる。

カラダの兆しが、ココロと言葉を変化させている。
カラダからできること・・
そのスイッチに触れるBody Work ・・・真摯に向き合いたいです。

ありがとうございます。
| - | comments(1) |
スポンサーサイト
| - | - |
八重さん♪
本当にありがとうございます。
感謝しています。
 母のあの少女のような顔が忘れられません。
“可能性の扉”を開いてくださって
本当に本当にありがとうございます。
| ikumi | 2013/02/27 11:29 PM |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex