Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
はじめまして。セラピストの大野八重子です。

ハーモニーベルとトレガー・アプローチとさとう式リンパケアをご提供できる四国で唯一のサロンです。

どちらも、心地よく穏やかなセッションでありながら、時にパワフルな変化をもたらします。
カラダへのアプローチを重ねるうちに、きっとココロもどんどん軽やかに変化していくことでしょう。

セッションについての詳しい情報は、http://www.anemoz.com/をご覧下さい。

≪お問合せ・ご予約≫
090-4337-4574(大野)  info@anemoz.com
http://www.anemoz.com

Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
使えるアロマ
今夜は、ボディワークを学ぶ仲間と、近くのおいしいお店で夕食を共にしました。
みんなライフスタイルも考え方もそれぞれ。
そんな中で、こんな話しで盛り上がり、大いに納得しました。

それは、先日のブログに書いた「We/Meアロマ」のこと。
そもそも「We/Me」ってどういうことか・・という話からはじまりました。
ごくシンプルに言うなら、
●We=「わたしたち」を大事にする。協調性。
●Me=「わたし」を大事にする。自立性。
という感じ。

「ああ、わかるわかる!」
「でも、こういう一面もあるから、両方あるかもな〜」

…そうそう、誰にだって、どっちの側面もあるんです。

そして、「これ知るだけで、めっちゃラクになるよね〜」と。
それは、自分を知るにも、誰かを理解するにも・・・

「ラク」というと、なんだか単に気楽で調子がいい気がするかもしれないけど、
悩まなくていいことで苦しんでいることから、ほんのちょっと・・本当にほんのちょっと解放されるだけで、
人の中で息がしやすくなる・・そんなかんじです。

仲間たちは、たちどころにその感覚をとらえて、
「We/Me」の視点をとても気に入っていました。

そして、さらに
「それをね、アロマの香りで調整することができるんよ。そういうブレンドを作った人たちがおるんよ。
 私ね、モニターしたんやけど、これ、興味深い体験やったよぉ〜」と話したら、

「うわ〜使ってみたい!」・・・そうなりますよね。

そう、アロマの香り・・エッセンシャルオイル(精油)って、
ある程度の知識と経験があって、かつ、それなりの種類を持っていて、はじめて効果的に使えるようなところがあります。
違う言いかたをすると、なかなかちゃんと効果的には使えないのです。

でも、この「We/Meアロマ」は、使えます。
WeをMeに、MeをWeに…または、MeをよりMeに、WeをよりWeに・・・
We/Meの知識をベースに使うと、腑に落ちる変化を体験できます。
香りは、脳にダイレクトにはたらきますから、思考ではないところで変化します。
だからいいのです。

「We/Me」の理論を、提唱者の石井裕之さんから直接学び、このアロマを手にするチャンス!
12日が締め切りです。
ホンキでおススメします。

【石井裕之プロジェクト】Me/Weアロマアファメーション(feat. 佐々木和歌子)
http://hiroyukiishii.com/project02_ewalu8/







 
| 学び | comments(0) |
アロマのちから
私は、アロマのちから・・・植物のちからをとっても大切に思っています。
植物のパワーがぎゅっとつまったアロマの精油たちに、いろんな場面で助けられてきました。
お薬に頼る前に、まず、アロマを試して、
それでラクになって、結果、病院も薬もいらなかったことも何度もあります。

車の芳香もアロマです。
香水がわりに、ふんわりまとう香りもアロマです。


今日は、そんな私も“ビックリ!”なチカラをもったアロマの紹介です。

それは、なんと、

【石井裕之プロジェクト】Me/Weアロマアファメーション(feat. 佐々木和歌子)

     http://hiroyukiishii.com/project02_ewalu8/

<Meタイプ>と<Weタイプ>というのは、石井さんの提唱する人間観察の方法です。
ものすごく簡単に言うと、

<Meタイプ>・・・「わたし」を大事にする。自立性。
<Weタイプ>・・・「わたしたち」を大事にする。調和性。

みなさんは、どっちですか?
私は、バリバリ<Meタイプ>です。

2つに分けるなんて、雑だと思いますか?
でも、男と女が2つしかないのは、「極」として理解できますよね。
<Meタイプ>と<Weタイプ>という極を知ることで、
自分のことをより良くわかったり、人の気持ちに寄り添えたりすることもあると思います。

<Weタイプ>の人の中に<Meタイプ>の要素だってあります。
また、自分のタイプをコントロールして、どちらかに寄せていったほうが、うまくいくときもあります。

今回の【石井裕之プロジェクト】は、
<Meタイプ>と<Weタイプ>という具体的な両極を意識して、
その間のバランスをとるためにアロマの精油を戦略的に活用する、というもの!

石井さんがアロマセラピスト・佐々木和歌子さんとコラボして生まれたこのブレンド。

実は、わたし、このプロジェクトのモニターをさせていただいたんです。
そして、そのパワフルさには驚かされました。

<Meタイプ>の香りは、ぐっと集中ちからを高めてくれて、
心身ともに、一本スジが通る感じで、自分らしくより自信をもって行動できました。

<Weタイプ>の香りは、ふんわりと緩むかんじ。
一度、車の運転前に嗅いだら、集中できなくて、焦りましたよ。
いやいやスゴイ!

これを手にするには、2月のイベントに参加すべし!
石井さんの<Meタイプ/Weタイプ>の講義と、アロマオイルがセットになった、すばらしいイベントです。

アロマに興味のある方、
自分の気持ちをとらえて、コントロールしてみたい方、
コミュニケーションのヒントがつかみたい方

・・・などなど。。。。。。
滅多に・・・いやいや二度とないチャンスみたいです。
ご興味のある方は、以下の情報をぜひ見てください。

【石井裕之プロジェクト】Me/Weアロマアファメーション(feat. 佐々木和歌子)

http://hiroyukiishii.com/project02_ewalu8/








 
| 学び | comments(0) |
大阪にて

この週末は、大阪にて研修でした。

・・・が、昨日は、乗る予定の飛行機が欠航し、直後の便に乗れず、
午後の予定をひとつ手放さざるを得なくなりました。

でも、そう決まってしまうと、なんだか身軽になって、夕刻に大阪へ。

夜は、倍音シンガーの内田達也さんの「チャクラ・トリートメント」。
ギターの弾き語りと歌(声)をチャクラに届けるという、初体験なイベントでした。

感じたのは、「やっぱ、音は振動やね☆」ということ。
震えるんですよ・・・カラダとカラダの周りが。。。

と〜っても素敵で贅沢な時間でした。

今日は、石井裕之氏の勉強会・vol.3。
今回の話は、頭で理解するというよりも、
潜在意識がダイレクトにとらえているような感覚。

・・・だから、わかるとかわからないとか、
混沌とするとか、反発するとか、
そんな感覚ではなく、自分の深いところに「ストン・ストン」と落ちていくような感じ。

それは、いわゆる「腑に落ちる」というのとも違っていて、
ただ落ちていく・・そんな感じ。
そしてそれがとっても心地いい。

理解しなくてもいい・・
・・・ただ、石を投げ込まれるようにストンストンとくることを受け入れる・・・

これまでにない感覚でした。

大阪から帰って、直行した大学の部活。
大きな大会用の作品の仕上げをしている部員と向き合う。

自分の立ち位置、コトバ・・・そして、相手の反応。。。
全てが、違う気がしました。

そして、思ったよりも短い時間で案件が整理できました。

持ち場にしがみつかないで、離れること、他の刺激をうけること・・・
それが、大切な人にちゃんとバックされる。
そうしたら、それ(持ち場を離れたこと)がみんなにとって必要な時間になる。

それでいいんだと実感しました。
義務感で一緒にいるより、
私は私のために場をはなれることで、関係性ははるかに発展する・・と。

何かと勉強ですね。
全部、ありがたい…そう思う夜です。



| 学び | comments(0) |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex